みちくさのポケモン用メモ~中堅勢のブログ~
適当にポケモンの配分やPT考察をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広告
耐久値の振り方 

◆耐久値の振り方


この項目では
  • 耐久値で損しない為に
  • H = B + D の考え方

についてかいています。



耐久値で損しない為に


まず耐久値には損をする振り方がある ということがあります。

努力値とは、ダメージ計算や耐久指数が、かけ算ということで高いとこを伸ばすより
低いところを補う方が基本的には効率がよくなります。



例1. HPが高く防御、特防が低いポケモンにHPを振る意味は薄い

例えばハピナスは、無振りで HP330 B30 D155 ですが
こいつにH全振りしたとこで HP362 としかならず
HPが10%程度増えただけ = それぞれの耐久が10%程度増えただけ
としかなりません。

それぞれの耐久を10%程度増やすのは、実数値でBを+3、Dを+15 振ればいいので
HPに全振りするとステータスの数値敵には14も損をしているということになります。




例2. HPが低く防御、特防が高いポケモンにはHPを振った方が良い

例えばロトム水は、無振りで HP125 B127 D127 ですが
さっきと同様に考えると、物理耐久を上げたくてもまずはH振りからはじめた方が良い
ということになります。





HP = B + D の考え方


耐久の振り方のコツがなんとなく分かってきたところで
HP = B + D の考え方を書きます。

HP = B + D はポケモンの耐久値の理想形で、最も効率よい数字となっています。
例をあげるならポケモンの実数値が

HP200 = B120 + D80

となっているような場合でしょうか。
まぁ、基本的には意識しなくてもいいのですが
先ほどの2つの例もこの HP = B + D の考え方が元なので
頭の片隅に置いといてもいいでしょう。

間違えやすいのがランターンやトリトドンのような種族値で耐久に全振りする時
HPが高く、ぼうぎょ、とくぼうが低いからBとDに振ればいいというのは
HP < B + D となってしまい、数値的に若干の損が生じているということです。

トリトドンだと、BD振りした場合

物理耐久指数 = 22320
特殊 〃   = 24924 

ですが、HP ≒ B + D をした場合 (HP252 B124 D124 という振り方)

物理耐久指数 = 22672
特殊 〃   = 25724

となります。合計1152という値を損しています。
大体HPに換算すると5くらい損していると思います。


>>覚えてほしいことの目次へ戻る



スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

広告


プロフィール

みちくさpk

◆HN
みちくさpk
◆twitter
mitikusa_pkmn
フォローご自由にどうぞ

◆PR
色んなコンセプトでPTを組んでますので、色々と記事にしていきたいです。

相互リンク大歓迎しております(´ω`)

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

訪問者数

ランキング等

ポケモン ドリームスター ポケモン・攻略ブログ

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
900位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
81位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。