みちくさのポケモン用メモ~中堅勢のブログ~
適当にポケモンの配分やPT考察をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広告
パーティのバランス タイプ編
検索用:ポケモン BW パーティ バランス

◆バランスの良いパーティ


ポケモンにおいてパーティのバランスを気にすることは非常に大事です。
パーティのバランスとは基本的にポケモンのタイプのバランスを重点とし
他に、全体の攻撃や素早さ、補助技によるバランスがあると思います。

バランスのあるパーティは安定感が高く、使っていて比較的楽に考えることができ
また、あらゆる状況において様々な対応が取れるので
プレイングに幅が出て、読みが利くようになります。

バランスが良く、あらゆる戦法に対応でき
また自分自身は天候やトリックルーム、バトンタッチ等の仕掛けを使わない
極めて普通のパーティをスタンダードパーティ(通称:スタンパ)と言ったりします。

特に、主役を決めてそこから周りのポケモンを固めたようなのを
"○○スタン"などと言ったりしますね。
ちなみにこの呼び方はカードゲームから来てるのかなと思います。

タイプのバランスをとる


パーティのバランスを取る上で一番の大事なのはタイプのバランスです。
タイプのバランスが取れていないと、一定のタイプやポケモンに弱くなり
その相手が出てきた時に非常に負けやすくなるということになります。

基本的に同じタイプを持つポケモンは2匹までとし、
また、水、炎、電気、格闘、鋼、ドラゴン、地面、飛行・・・などと
様々なタイプのポケモンを取り入れることが重要です。

様々なタイプのポケモンを取り入れると、様々な範囲で攻撃技が打てるようになったり
それぞれのタイプの特色がいきてくるので、自然とバランスのいいパーティになります。
(素早い電気タイプ、耐久のある水タイプ、補助技の豊富なエスパータイプ等)

・攻撃技の一貫性を気にする


ポケモンにおいて "○○に一貫性がある" 、というのは
"繰り出せる相手にも、繰り出される相手にも有効な技の性質。"
と対戦考察wikiには書いてあります。
具体的に言うと、相手が水ポケモンを出していて控えに炎ポケモンがいると
目の前の水ポケモンには電気が有効だし、また控えの炎ポケモンにも
十分なダメージが期待できるということです。
こういう時に "電気に一貫性がある" といいます。

また、この言葉はパーティ構築にも使われます。
パーティを作った時点で、見渡してみるとみんな氷技が等倍以上で入ってしまう。
となると、このパーティは氷に一貫性があると言います。

パーティ構築の時点でこれはかなり気をつけた方よく、
特に飛行タイプや格闘タイプなどは多くのポケモンに等倍を取ることができ
一貫性が出て受けられない!ということになりかねません。
飛行タイプに一貫性があると、エアスラトゲキッスにぼこぼこにひるまされたり
格闘タイプに一貫性があると、ローブシンにビルドアップを積まれて負ける。
といった自体になりかねません。

ただ、ドラゴンタイプに対してはしょうがない部分があります。
あの最強タイプは鋼タイプでしか半減できませんからね。



・相性補完


ポケモンには、自分のポケモンと相手のポケモンの相性の他に、
自分のポケモンと、他の自分のポケモンとの相性があります。

相性がよいポケモンとは、自分の苦手とするポケモンに対して強く出れるポケモン、
交代から受けて出すことのできるポケモンのことを指します。
お互いの苦手タイプを補うことを "相性補完" といいます。

ゲームのはじめに博士からもらえる3匹のタイプ(炎、水、草)が代表的で、
水の苦手な電気を草が補い、草の苦手な炎を水が補うことができます。
もちろんポケモンのタイプはもっと多くありますし、
タイプが2つあるポケモンも多いので実際はもっと複雑になります。

余談ですが動画やブログを見ていると、
"ラティハッサム" とか "バンギムドー" とか "ラキグライ" とかいう単語を
目にしますが、あれは特に相性補完を強力なポケモンで極めたものを指します。



・相性補完の良いポケモンを並べる


相性補完を2匹で組み合わせるよりも、パーティ全体で組み合わせるようにすると
"このポケモンは、コイツと相性が良いけどコイツとも良い"
といった風になり、より良くなります。

難しいような気もしますが、とりあえず何となくパーティ構築してみて
後から付けたすように考えるのも良いと思います。

また、耐性の強いポケモンを1匹中心にしてそのポケモンの弱点を補えるポケモンを
2体3体と用意しておくと、選出も素早く安定して行うことができるでしょう。



<<例:ナットレイを中心とした相性補完の図>>
矢印はそれぞれに受けてもらう攻撃を色で表しました。
相性補完


ポケモンの館様にパーティの相性判定ができるツールがあるので
一度使ってみてはと思います。
タイプのバランスを考えるとより一層ポケモンを楽しめると思いますので
みなさんもぜひ考えてパーティ構築について考えてみてください。

参考記事

バランスの考察 タイプ編
本項のサブとなるページです。

ポケモン対戦をする上で覚えてほしいこと
素早さ調整表や、努力値関係のこと、またHP調整のことについて書いてあります。
分からない単語等があれば見てみてください。



スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

広告
めざパの有効性について
検索用:ポケモン BW 配分 調整 技構成

◆めざパの有効性について


めざめるパワー(通称めざパ)について個人的な見解を書いていきます。
めざパとは自然孵化をしているプレイヤーにとっては
厳選難度を上げ、比較的敷居が高く感じられますね。

ただ、めざパは特殊アタッカーの特権で
技のタイプを選ぶことができるというのは非常に強力です。
少なくともめざ氷くらいは頑張って粘ってみましょう。
ページ下の続きを読むから粘り方も書いておきます。

◆なぜめざパは氷や炎か

ポケモンのブログや動画を見ていると "めざ氷" や "めざ炎" といった単語が出てきます。
もちろんめざめるパワー"タイプ氷"や"炎"の略称です。

ではなぜめざ氷やめざ炎なのでしょうか?
それは4倍弱点を突くためなんですね

氷4倍と言えば、ガブリアスやボーマンダ、ついでにグライオン。
炎4倍と言えば、ハッサムにナットレイです。

めざパは最大威力が70しかないので、4倍弱点をつかないと火力が出ません。
2倍弱点だと威力が140、これはタイプ一致威力95(=142)の方が火力が出ます。
2倍弱点を突くことにさして意味はないと思って下さい。

また上の4倍弱点持ちは耐性が強いポケモンが多いので、
タイプ一致で等倍を取れないことすらあります。
そこにめざパを入れておけば4倍弱点をついて倒すことができるのです。

よってめざパは基本的には4倍弱点持ちの仮想敵を決め、
それに対抗することが大事になります。

◆威力は最低65

めざパの威力を粘るときは最低65は粘りましょう。
仕様上、CDSがVなら威力65は出ます。
4倍弱点をつくので威力が5下がるということは、
4倍になった時20も差が出て確定数が変わることもあります。

◆4倍でも倒しきれない時

めざパで4倍弱点を突いてるのにダメージ計算したら倒しきれない!
なんてよくあります。そういう時にジュエルの力に頼るのは止めましょう。
確かにそういう場面が来て、ジュエルめざパで持っていけても
その他の場面で持ち物が腐りすぎるので有効でないと考えます。
ただ統一パの時などの縛りプレイの時はありかもしれませんね。

そういう時は眼鏡や達人の帯、命の球の力に頼りましょう。
それでも勝てない時は諦めて他のポケモンに任せるかした方がいいと思います。

では次項から各めざパについて書きたいと思います。

◆めざ氷について

主に電気タイプと相性がいいと言われてます。
電気タイプは素早さが高いポケモンが多いので、(ボルトロス、サンダース等)
ガブリアスやボーマンダに先制してめざ氷を放ち、倒すことができます。

また、電気タイプは基本的に地面タイプに有効打がなく
地面タイプへの対抗策としてめざ氷が採用されることがあります。
草タイプへも同様に電気半減かつ氷抜群ですが、特殊耐久が高いポケモンも多く
決定打になるかといわれると疑問です。

めざ氷は他に、スカーフのポケモンと相性がいいと思います。
理由は同様にガブリアス等に先制で放つことができるからですね。
スカーフシャンデラ等はめざ氷採用も多いのではないでしょうか。

◆めざ炎について

めざ炎は、基本的にハッサムとナットレイピンポイントです。
バトレボ時代と違い、ナットレイという強力なポケモンのせいで
このめざ炎は大流行しています。

今では、めざ炎は色んなポケモンが実装しますね。
よく実装されているのはエスパー、ゴースト、水、草タイプでしょうか。
ガチ環境だと主にラティ兄妹が持ってますね。(特にオスの球は実装例が多い

特にエスパーポケモンや草ポケモンはハッサムに対し有効打が薄く
かつハッサム側はとんぼがえり安定という最悪な状況に陥りますし、
火力の高いポケモンも多いので実装されやすいのではないでしょうか。

めざ炎は思わぬところから飛んできたりするので
ハッサムやナットレイと使うときは少し注意してもよいと思います。

◆めざ飛について

めざ飛という単語が出た時は衝撃でした。
実装例は眼鏡サンダーやボーマンダ等、
エアスラッシュを持たない飛行ポケモンですね。
飛行タイプは非常に等倍で刺さりやすいタイプなので
眼鏡で火力を上げてやれば、受けが利かなくなる場合があります。

他にスカーフニョロトノが実装しているサンプルもあります。
これは雨に強いと言われるキノガッサ、次いでビリジオンへの有効打ですね。

◆めざ地について

めざ地を実装するのは、炎タイプが多いでしょうか
ヒードランへの決定打、また炎ミラーを有利にするために
シャンデラやウルガモスの実装例を見ます。

他にサンダース等の電気タイプが電気ミラーの時に有利にするために
実装されたりもしますかね、最近は重要でなさそうですが。

◆めざ草について

最近はあまり見ないのではと思います。
水 / 地面への決定打、バトレボではラグラージピンポイントでしょうか。
これもまた電気タイプの実装例が多いですね。

◆めざ電について

ギャラドスピンポイント。ウルガモスがギャラやブルンゲルに対抗するために
実装している例をたまに見かけます。
めざ草と同様、環境の変化で廃れためざパの一つではないでしょうか。

◆その他めざパ

・めざ格闘(めざ格、めざ闘)
シャンデラがバンギラスやヒードラン、サザンドラへの有効打に実装したり

・めざ岩
ウルガモスピンポイント、でもやっぱり岩なだれ等の物理で押した方がいい
ウルガモスがミラー意識とシャンデラ意識で実装したりも
めざ地と選択になったり。

・めざ水
これまたウルガモスが実装。炎タイプへの有効打。
ウルガモスは一致技は2つとも優秀ですがサブウェポンがサイキネと暴風になるので
あれこれとめざパを実装していることがこれからも分かります。

・めざ虫
イッシュダブルでエスパーポケモンがエスパーミラーとサザンドラ意識で
実装していることもあるらしい。


では続きを読むから、自然孵化勢による自然孵化勢のための
めざパの粘り方を書きます。


【続きを読む】


テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

広告


プロフィール

みちくさpk

◆HN
みちくさpk
◆twitter
mitikusa_pkmn
フォローご自由にどうぞ

◆PR
色んなコンセプトでPTを組んでますので、色々と記事にしていきたいです。

相互リンク大歓迎しております(´ω`)

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

訪問者数

ランキング等

ポケモン ドリームスター ポケモン・攻略ブログ

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
1286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
107位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。