みちくさのポケモン用メモ~中堅勢のブログ~
適当にポケモンの配分やPT考察をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広告
みがわりバトン グライオン 調整
検索用:ポケモン BW 配分 調整 技構成

◆みがわりバトン グライオン


n472グライオン
グライオンをピン刺しする時に使いやすい、みがわりバトンタッチ型の紹介をします。
グライオンは、夢特性のポイズンヒールにより無限グライオンという害悪型が存在しますが、やはり無限型というのはする方もされる方もおもしろくないもの。

無限グライオンについて知りたい方はこの記事の下の続きを読むに追記しておきます。

ピン刺しする上で、守るを入れると単純に回復力も高くなり
物理受けとして非常に使いやすいものですが、
流し際に負担をかけにくいという欠点がありますね。
特にグライオンには、挑発ブルンゲルが非常に出てきやすく

地震 / ギロチン / 守る / 何か

の基本構成のグライオンは何もすることができません。
今回紹介するみがわりバトン型はそういったブルンゲルに対しても
アドバンテージが取れるという優れたものです。

技構成


じしん / ハサミギロン / みがわり / バトンタッチ

みがわりからバトンを繋ぐことによって

・交代先の無償降臨、またはみがわりを残した状態での降臨

を目指します。
みがわりバトン先にグライオンに抜群の水や氷を半減で受けれるタイプを
用意しておくとみがわりが相手の攻撃を耐えることができるので
みがわりバトンが上手に決まりやすいですね。

僕のパーティでは、エテボ入りとんボルチェンに入ってます。
ブルンゲルに上手く負担をかけれるように交代先に
サザンドラやランターンを用意してあります。
また、後攻バトンを単に打つこともありその場合はエテボに繋げ
再度ねこだましを打てるようにして、バトンを腐りにくいようにしています。

努力値等


特性:ポイズンヒール
性格:わんぱく

努力値配分:H212 / A68 / B118 / C* / D92 / S20
理想値:H177 / A124 / B176 / C* / D107 / S118

持ち物:どくどくだま

備考
H = 8n+1 (ポイヒの回復効率とポイヒ2回の回復でみがわり1回分)
B = 11n , S = 同族+3

AをHメタグロスを地震で2発まで振って残りD

グライオンはポイヒ型だと耐久重視になるので
Aは最低限この程度あればいいかなと思います。
Bぶっぱだと振りすぎな感じがするので
ある程度Dに振ってみました。
Sは無限型でも地ならし型でもないので、同族抜き程度振っただけです。

耐久面


物理

・意地無振り(A176)ローブシンの不一致100を乱数68%程度でみがわりが壊れない
・無振り(160)ローブシンの不一致100をみがわりが確定耐え
・意地全振り火炎玉ローブの不一致100を最高乱数3連続以外でポイヒ込3耐え
・A187程度のメタグロスのアムハン+冷パン+バレパンを運が悪くない限り耐え
・球意地バシャーモのとびひざ+フレドラ耐え

特殊

・陽気テラキオンのめざ氷を高乱数2耐え
・無補正テラキオンの帯めざ氷を食らっても最高乱数以外でみがわりが貼れる
・無補正テラキオンのインファイト+帯めざ氷耐え
・C176程度の一致90をポイヒ込2耐え


攻撃面


・無振りヒヒダルマを地震で確定1発
・Hメタグロスを地震で確定2発
・ハサミギロチンで頑丈や襷以外当たれば1発




総合評価


守るを入れた方が物理受けとしての性能は格段に上がりますが
みがわりバトンを入れることにより、交代戦に柔軟に立ちまわることができます。

みがわりバトンをすると、ポイヒの恩恵を受けにくいという欠点があり
バトンを繋いだ後はグライオンの使い捨て感が強くなります。

一長一短な型ですが、相手の流し際にみがわりを貼ることで
先制みがわりバトンと後攻無償降臨を行い、安定して交代戦を行えます。

続きを読むから、無限グライオンについて軽く触れておきます。

関連記事

ポケモン対戦をする上で覚えてほしいこと
素早さ調整表や、努力値関係のこと、またHP調整のことについて書いてあります。
分からない単語等があれば見てみてください。

同じパーティのメンバー
球エテボース
机上論最強ランターン




◆無限グライオンについて

無限型というのは、回復系の特性とアイテムを使い
みがわりと守るを併用することによって延々とみがわりを貼り続けるという型です。

グライオンの場合、ポイズンヒールが 1/8 回復できるので、
まもるを使えば 1/4 回復できるので、みがわりを貼る分のHPを回復できます。
グライオンや他のポケモンが毒々を巻けば、みがわりと守るでターン消費するうちに相手が倒れていきます。ポケモンの中での一種のハメ技のようなものです。

技構成
みがわりとまもるが確定で、残り2つが

地震 or 地ならし / ハサミギロチン / どくどく / なげつける

等から選択になります。
受けループと呼ばれる戦法に採用されやすい型で、
特にラキグライムドーと呼ばれる "ラッキー" + "グライオン" + "エアームド"
という選出を狙うパーティに組み込まれます。


関連記事

テーマ:ポケットモンスターブラック・ホワイト - ジャンル:ゲーム

広告
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mtkspk.blog.fc2.com/tb.php/41-2385680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

みちくさpk

◆HN
みちくさpk
◆twitter
mitikusa_pkmn
フォローご自由にどうぞ

◆PR
色んなコンセプトでPTを組んでますので、色々と記事にしていきたいです。

相互リンク大歓迎しております(´ω`)

サイト内検索

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

訪問者数

ランキング等

ポケモン ドリームスター ポケモン・攻略ブログ

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
87位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。